クラウド型のペーパーレス会議は素早いレスポンスの会議をつくる

SITEMAP

ペーパーレス会議

従来型でも新規の手法でも

紙代をカットしていくのはいいのですが、何で賄うのでしょうか。一人一人にタブレットを所持させた方が余程コストが高くなりそうな気がしてなりません。紙は再利用出来ますが、端末は使用料も高く、ペーパーレス会議には違和感を覚えています。新しい方法を見つけて実践することは会社を発展させていくために大事な要素だとは思いますが、何でもかんでもやり方を変えていくことに対して異論を唱えたいです。ましてや周りもやっているからうちも真似しようなどは愚の骨頂と言えます。
確かに私も仕事で紙を使っていて勿体無いとよく思いますが、ペットボトルのように最終的にはリサイクルされて、再利用されるので何の問題もないと考えます。今まで会議には大量の資料を提示するために紙を使用してやってきたのですから、わざわざそんな細かい所にまで不要に気にすることなどないと思います。敢えて改善策を挙げるとすれば、会議で使う資料で本当に必要な情報だけに厳選し、後は口頭で済ませるなどの対処をとればいいと思います。
従来のタイプや新規のタイプのどちらを選んでも限りある資源を有効活用しなければならないことには変わりないので、必要なことしか使用しないと心に誓い、実践していきたいです。

TOP